俺って誰!?
  • --年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • 2008年03月21日
廃人。

最近、ティッシュの減りが早いことで有名な44です。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

花粉症だからね(´∀`)
変なこと想像しちゃだめ。

花粉症のせいで、鼻水ダラダラなの。
ダラダラ
あまりにもダラダラ
外に出るだけでダラダラ
近くに人が居てもダラダラ
ダラダラったらダラダラ

俺の生活もダラダラ。。。


・・・・・・・・・・

はい、お後がよろしいようで。





昨日は、俺の塾での最後の授業


詳細に書きたいけど、あくまでも企業内での情報なので書けない

・・・仕方ないよね。

情報は出さない。
契約はしっかり守らないと。




まぁ、断片的に。
※以下、生徒1や生徒2はそれぞれのシーンで対応していません。




シーン1


終礼時。
連絡を終わらせる。


俺『じゃあ、明日テストがあるから忘れんように!!』

生徒1『先生、明日来るっちゃろ~?』

俺『いや、明日は来れんから、今日で最後よ』


俺が答えると同時に1人の生徒が


生徒2『えぇ~っ!!○○○(俺の下の名前)来てよ~!!』
※こいつだけは俺のことを下の名前で呼ぶ。ちなみに、塾長の事を教授と呼ぶ。


これ以上ないんじゃないかというくらい大声で。
まぁ、そいつはいつも声が大きいんですけど、それを聞き慣れている他の生徒も耳を塞ぐくらい大声で。


俺は耳を塞ぎながら。

俺『あぁ~、分かった分かった、とにかく静かにしろ』

一旦、静かになる生徒。
そして普通の音量で一言。

生徒2『じゃあ、明日来てくれると?』

俺『いや、用事があるから、それは無理やなぁ』

生徒2『な~ん~で~!!!』


どないしろとΣ(´Д`;)


生徒2『明日デジカメ持ってくるけん、明日まで来~て~よ~』




それは、塾には持ってきちゃいけないものだろ ( ´_ゝ`)


この後、何とか説得して静かにさせました。
が、この後、この生徒はずっと携帯で俺の写メやらムービーやらを撮ろうとしてました( ´_ゝ`)
もちろん、俺はずっと逃げ続けましたけど(´∀`)




シーン2


終礼後、居残り組の生徒の面倒見てる時。
急に、女連中が接近してきた。


生徒『先生最後やけんハイチュウあげる♪』

生徒2『じゃあ、うちは、ぷっちょあげる♪』

生徒3『えぇ~っ、じゃあ、うちはメント・・・』


俺『お前ら、お菓子持って来すぎ ( ´_ゝ`)』

写真『ハイチュウ』
※メントスは食べましたw




シーン3


終礼後、俺が作業していると、1人の男の生徒が寄って来た。

俺『ん?』

俺がリアクションをするとほぼ同時に、俺の胸ポケットのペンを強奪
※俺の胸ポケットには数本のペンを常備。

当然、俺は切り返す。

俺『いやいや、何しとん?返しぃ。』

生徒が満面の笑顔で答えた。

生徒『先生、ペンくれるって言ったやん(´∀`)』


・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

俺『100%言ってないな ( ´_ゝ`)』

やつらは捏造が得意です。
将来、役人とかになった時が恐ろしい。
そんなのになれる学力ねぇよって話はNGw


んで、話はまだ終わらない。


俺の視界が、駆け寄ってくる数人の生徒の姿を捉えた。

危険を感じる俺。

生徒1『うちにもちょ~だい!!』

生徒2『うちにもうちにも!!』

生徒3『うちには赤のペンでいいよ♪』


圧倒され、ペンを奪われる俺。


どんだけパワーが余ってんだよorz
そのパワーを少しでも勉強に使ってくれ。。。

※その後ペンは、全て取り返しました。




シーン4


俺が、最後に教室の掃除をしている時。
教室には誰も居なくて、数人の生徒が塾の入り口のとこに居るだけでした。

そんなに距離があるわけじゃないんで、声も聞こえるんです。
どうやら、塾長と話をしている模様。


さして気にせず掃除を続ける。

でも、話し声は聞こえてくる。


生徒1『○○○(俺の名前)辞めさせんでよー!!』

生徒2『新しい先生イヤー!!』

生徒3『続けさせてよー!!』




俺は、その場に行っても、どう話していいか分からなかったので、無駄に掃除を長引かせましたw
そんな事言ってる生徒に何を言えばいいのやら。


しばらくすると話の内容が変わりました。


生徒1『分かったー、じゃあ手紙書くー!!』


手紙書いてる場に俺が登場しちゃいかんだろと思い、また掃除を長引かせました。


んで、しばらくして白々しく登場。

俺『なんや、まだ居たんか。遅いけん早く帰りぃ』


生徒1『先生、これあげるー』

俺『なんや、これ?』←わざとらしいw

生徒1『手紙!!後で読んでね!!』

俺『おぉ分かった。ありがとー』



んで、そいつらが帰る直前。


生徒『先生、奥の教室行ってみてね!!』




俺が掃除してたのとは別の教室。


生徒を見送った後、奥の教室へ。


ホワイトボードにメッセージが書かれていました。

真ん中に大きい文字で

北村先生おつかれ!!

周りにもメッセージ。


短い間だったけど、こういう経験できたのはよかったなと思った44でした。

スポンサーサイト
スポンサーサイト
-->

1日1クリックお願いします

人気ブログランキングへ 
↑学生のブログがたくさん掲載中↑

時間を浪費してる人数⇒

じこしょうかい

44(しし)

名前:

44

年齢:

24歳

生息:

東京(地元は佐賀)

勉強:

専門は数学でも、ニガテ・・・
数学・情報の教員免許取得

趣味:

ギター
テニス
サッカー
ヒキコモリ

音楽:

RADWIMPS(best!)
BUMP OF CHICKEN
Aqua Timez
他多数

メールアドレス

shishi_never_forgetあっとyahoo.co.jp

SKYPE

shishi-never-forget




follow shishi3 at http://twitter.com

最近の記事+コメント

カテゴリ
読んでMathリンクリスト

随時募集中(´∀`)

↓↓相互リンク↓↓
クリックで開く


↓↓一方的リンク(無許可w)↓↓
クリックで開く

過去の栄光・・・。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。