俺って誰!?
  • --年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




現在、壱岐旅行レポ連載中です。

↓前回までの記事

 ・壱岐旅行1 ~あ、昼食は抜きですか?~

 ・壱岐旅行2 ~決してムチャ振りではない~

 ・壱岐旅行3 ~修学旅行生の発見~

 ・壱岐旅行4 ~こうかはいまひとつのようだ~

 ・壱岐旅行5 ~ジャイアント馬場の場合~









前回の記事でやっと砂浜に着いた俺たち。


↓写真を再掲
写真『壱岐旅行8』




海は、キレイだなぁって感じ。

もちろん、福岡の海とか佐賀の海に比べたらキレイだよ( ´艸`)
ただ、やっぱり沖縄には敵わないかなw
当然っちゃあ当然。

でも、満足できるレベルでした(*/∇\*)








んで、いきなり海に飛び込む俺たち。



・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・




冷たっ!?Σ( ̄□ ̄;




あまりの冷たさにびっくりしたw

ってわけで、先に飛び込んだやつらがそそくさと戻ってくる。
「冷たい冷たい」と言いながら。




「これはヤバイかも(´~`;)」
俺は思った。




今年の夏は、初めは暑かった。
9月にこの旅行を予定していた俺は、「このままの気温が続けば大丈夫だ」と思っていた。
しかし、その後は一気に気温が下がった。
過ごしやすくはなったが、気温のせいで海に入れない可能性が出てきた。


まさか、その不安が的中したのか。。。








そう思いながら、しばらく様子を見る。。。








あ、普通に入れる(´∀`)




ちょっと水温は低いものの、普通に入れるレベルだった。

よくあるじゃん。
海の外に出て風に当たると冷たいけど、水の中は暖かいってやつ。
コタツの中はあったかいけど、なぜかアイスを食べたくなるっていうやつ。
そんな感じよ。




とりあえず、すっごく安心した。










んで、ここで皆が気になってることについて書こうと思う。


え?
何か分からないって?
またまたぁ(´∀`*)
気になってるくせにぃ。
絶対気になってるよぉ。
気になって昼まで眠れないはずだよぉ。
2度寝が出来ないはずだよぉ。






女の子の水着が気になってね(/ω\)




やっぱり、気になるよね。
これで気にならなかったら男じゃないわw






では、早速水着公開!!!































いや、写真撮ってないけどねw








ってか、


















女の子、水着着てなかったしねw





( ´_ゝ`).。o O(オイオイ、海と言ったら水着だろ)




という、あまりの残念っぷりww

実際は一人だけ水着着て来てたけどね。
・・・その辺りの細かいことには触れないことにしますw

まぁ、多分その子はこのブログは見てないと思うけど、念のためね(´∀`)
恐らく、けーすけ。のブログは見てると思うけど、こっちまでは来てないでしょう♪








とりあえず、海に入るやつはがっつり入って。
波打ち際で遊ぶやつは遊んで。

皆、思い思いの楽しみ方をしてました(´∀`*)




俺はもちろん、がっつりと海に入りましたよ。

だって、前日に水着買ったしね。
水着持ってなかったんですよ。




水中カメラを片手に泳ぎまくりましたよ。




・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・




いや、水中カメラって、そんな変なもの写そうとしたわけじゃないよヾ(´▽`;)ゝ

海の上でのみんなの楽しそうな表情を撮りたかっただけだよヾ(´▽`;)ゝ

別に女の子の水着を撮りたかったわけじゃないよヾ(´▽`;)ゝ



だって、ほら、実際着てきてなかったわけじゃないですか。




・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・


言い訳した方が、逆に怪しまれるという罠orz










さて、しばらく海で戯れる。

海で泳ぐのなんて久しぶりだからめっちゃ楽しかったヽ(゚∀゚)ノ




ちょっと疲れたので、浜の方に戻る。

「あれ?」
何か数人集まって話し合いしてる。

「何かあったのかな?(・ω・`)」




疑問に思って聞いてみる。

44『どうかしたの?』




何やら、ちょっとやばそうな顔をしてる。
これは予想外のことが起きたんだろうな。


・・・・・・・・・・

俺の視線は、とある男へ。。

顔は笑っているが、どこか不安そう。

腕を押さえている。




その腕をよく見てみる。。。

何やら赤い液体が。。。











怪我しとるがな!!Σ( ̄□ ̄;


しかも、結構血が出てる。
ちょっと焦るレベル。
長さで言うと3センチくらいあったんじゃないかな。
深さは良く分からんけど。


どうやら、浅瀬の岩場でぶつけてしまったらしい。(写真のもっと右側)
確かに、浅い部分の端の方は岩場になってた。






ここで、読者の方は覚えているだろうか?

僕が出発の時に言った言葉を


出発の時の記事←忘れた人は参照






出発の時
いきなり幹事としての挨拶を振られてしまった俺。
そんな挨拶なんて何も考えていなかった。
なんとか俺がひねり出した言葉は、、、









44『家に帰るまでが旅行です。絶対に怪我をしないように!!』








まさか現実になるなんてorz

←水中カメラで撮った写真をスキャンブログに載せたい。が、うちにはスキャナがないw

スポンサーサイト
スポンサーサイト
-->


現在、壱岐旅行レポ連載中です。

↓前回までの記事

 ・壱岐旅行1 ~あ、昼食は抜きですか?~

 ・壱岐旅行2 ~決してムチャ振りではない~

 ・壱岐旅行3 ~修学旅行生の発見~

 ・壱岐旅行4 ~こうかはいまひとつのようだ~








さて、フェリーの上で色々ありながら、無事に壱岐に到着。




全員で船から下りて、しばらく待機。


しばらくすると、お世話になる民宿から迎えのバスが。
俺らの人数24人ピッタリ乗るくらいのマイクロバス。


一緒のフェリーに乗ってきた旅行客達も、同じように他の迎えのバスに乗り込んでた。
バスの大きさは様々だったけど(俺らのが一番大きかったw)、こんな風に迎えに来るのが普通なんだろう。






皆乗り込んで、バスで移動。






今回泊まる予定の民宿は、到着した港の反対側。




反対側とは言っても、小さな島なので15分程で行けるらしい。




そんな島なんで、もちろん窓から見える風景ものどかなもの
右を見ても左を見ても緑。
なんか癒される感じ。






うちの大学は、九州各地から学生が集まってくるから、色んな県の出身者が居る。
福岡出身者が多いが半分以上は、他県から来ている。


つまり、田舎者だらけ。






そんな田舎者達が、こんなのどかな風景を見ると発する言葉は決まってる。






「うちの周りもこんな感じやね」






これ、ホントw
田舎者は、自分の地元の田舎っぷりに誇り持ってる。
なぜか、田舎度の張り合いをするからね ( ´_ゝ`)


え?
俺の地元の佐賀はどうかって?




俺の地元は栄えてるよ。

だって、福岡の植民地だから(´∀`*)








さてさて、そんな無駄な田舎自慢をしながら、民宿へ。


本当に15分くらいで到着。








が、海が見えない(・ω・`)

あれ?

紹介にはビーチまで徒歩5分って書いてあったのに(・ω・`)

全然見えませんが。。。?




って疑問を覚えつつも、バスから降りて、荷物を移動させる(っ・ω・)っ■




とりあえず、お酒とかを冷やさないといけない。
民宿ってのは、基本的に部屋に冷蔵庫とかはない。

だから、民宿の人に頼んで、冷蔵庫に入れてもらう。

そして、自分達の部屋へ。




階段を上って、、、




民宿の人が一言。




『女性はこちらです』




別の部屋かよチクショウ(゜Д゜)アタリマエ

でも、すぐ近くなんだぜ(´∀`)

( ´艸`)






男子の部屋の一角。一応5人部屋?
写真『壱岐旅行6』








民宿のおっさんが親切にも、バスで海まで送ってくれるとこのこと。

しかも、ウィキ浮き輪も貸してくれた。

更に、ビーチサンダルも貸してくれた。


その優しさに普通に感動した(/ω\)








民宿の前の庭。ここで花火とかBBQとかすることに。
写真『壱岐旅行7』
ちなみに、真ん中のボール蹴ろうとしてるのがけーすけ。
一番右がメェ。一番左の黒いの着てるのがT橋。










さて、さっき書いたように、全員でバスに乗って海へ





が、やはり海が全く見えない




どういうことだ?




徒歩5分と書いている以上は、見えてないとおかしいんじゃないのか?




という疑問を抱いていたのはどうやら俺だけではなかったようで。。。




周りの友達も『え?』『海なくね?』って顔してたw




みんなの心に、『徒歩5分(ジャイアント馬場の場合)』という言葉が浮かび始めた。。。










と、その時!!





写真『壱岐旅行8』






おおぉぉぉぉぉっ!!!






全員が叫んだw
これこそ歓声というやつだろう。




ぶっちゃけ、
この旅で一番みんなの心が一つになった瞬間だった
それも悲しい話だw




どうやら、民宿はちょっとした丘の上にあったらしい。
砂浜の直前のところの地面が盛り上がってて、砂浜が見えないようになってた。


まぁ、それを抜かしても、徒歩5分の距離ではないことは確かだったw
ジャイアント馬場じゃなくて、大林素子で徒歩5分くらいの距離だろう。




←ビーチはほぼプライベートビーチ状態でした( ´艸`) (※写ってるのはうちのメンバー)





現在、壱岐旅行レポ連載中です。

↓前回までの記事

 ・壱岐旅行1 ~あ、昼食は抜きですか?~

 ・壱岐旅行2 ~決してムチャ振りではない~

 ・壱岐旅行3 ~修学旅行生の発見~




さて、今回の記事。




前回の記事で、やっとフェリーに乗った(´∀`)
連載始まって、3話目で。
ちょっと長引きすぎw


んで、今回。
フェリーの上でのことを色々書こうと思う。


そう思うんだけど、、、、


ぶっちゃけ、細かい話忘れてて、書けねぇ(´∀`*)


何話したのか、ほとんど覚えてない。
ホント、キオクリョクノオトロエ(/ω\)

めちゃくちゃ面白い話した覚えがあるのに。
思い出せない。
爆笑必須なのに。
ザンネンダナー(/ω\)




とりあえず、はしゃぎまくったことだけは覚えてます(´∀`)
小学生のようにはしゃいだ。


楽しかった。
なんか、船の上ってだけで、3割増しで楽しかった。
なんでもないことでも笑えた(´∀`)
箸が転んでも笑っちゃいそうだった。



俺と同じように甲板に出てるメンバーも、同じように3割増しで楽しそうだった。




だから、俺はボケも3割増しで面白くなるんじゃないかと思って、
ボケまくった記憶がある。




でも、ウケた記憶は全くない(*/∇\*)ナンデカナ?
そこの記憶だけ都合よく忘れてしまったのかな(´・ω・`)
そういうところは忘れたくないのにな。


ウケなかったわけはない。
だって、3割増しなんだから( ´艸`)
それでウケなかったら奇跡だお(^ω^)









それでは、フェリーの上での出来事に行こうかね。



さてさて、前々回の記事でも出てきたT橋
彼がフェリーの上でもやってくれました。


彼は彼女とうづうづ、、、ラブラブなんです。
(↑「うづうづ」をずっと見てると「ラブラブ」に見えてくる)


『めちゃくちゃかわいい』って言ってくる。
うざし!!


どうやら彼女は年下らしい。
ちょっとだけ写メ見せてもらったけど、かわいかったよ。
プリクラだったから、どうとでもごまかせるけどw ←プリクラマジック
でも、あれは普通にしててもかわいいレベルだろう(・ω・`)




そんなかわいい彼女がいるT橋






フェリーの上で女子大生ナンパしてましたw





ちょwwww



さすがに、それを聞いた俺たちは総ツッコミだったw


まぁ、ぶっちゃけ、T橋の行動にしてみれば珍しいことでもないんだけどね。
よく女の子に声掛けてるもんね。
僕には出来ないけど(/ω\)シャイダカラー


でも、T橋は別に、その女の子達とどうなるつもりもないらしい。
じゃあ、なぜナンパしたのか。
理由もなしに、そんな行動に出るとは思えない。
T橋ならありえるけど。


なぜか。

それは、メェ彼女を作るためとこのこと。


ちなみに、メェってのは、大学の友達。
最近、「彼女を作る」が口癖。
「サーティーワンの店員」とか「ベスト電器の店員」とか、色んなとこからかわいい店員を見つけてくる。
しかし、見つけてくるだけで、何もしないヽ(゚∀゚)ノ
チキンやな(´∀`)


ってわけで、そのメェに彼女を作るためにナンパしたらしい。
なんともおせっかいなやつだ。
優しいとも言えるが、ぶっちゃけ半分以上はふざけてやってるだろうw







んで、このナンパ。


聞くところによると、

全くメェは関わらなかったらしいw

結局、T橋が、ずっと女の子2人と話してただけとのことw


ちょwww全く意味がないwww







でも、疑問が残る。

なぜ、メェは会話に参加しなかったのか

おふざけ半分とはいえ、T橋がわざわざチャンスを作ったのだ。
それなのになぜ。。。


ちょっと会話を思い出してみる。
その理由が分かるかもしれない。




T橋『メェが会話に入って来んかったもん。

俺と女の子2人が話してる後ろに居たのに、全く入って来ようとせんし』








メェ『だって、タイプやなかったし』







根本的な問題キタコレ ( ´_ゝ`)



←何気に上昇中(・ω・`)26位




現在、壱岐旅行レポ連載中です。

↓前回までの記事

 ・壱岐旅行1 ~あ、昼食は抜きですか?~

 ・壱岐旅行2 ~決してムチャ振りではない~






前回、友達から『話の展開が遅い』と突っ込まれたので、ちょっと展開早めていこうと思う。

まぁ、中身もないのにgdgd続けちゃったもんね。

・・・『gdgd』ってのはグダグダって意味ね。

俺みたいなネット廃人ネットに詳しい人にとっては常識だけど(´∀`*)







さて、今回のお話。




前回、俺の素晴らしい台詞から始まった壱岐旅行。



ただ、集合場所はフェリー乗り場からちょっと離れたとこにしてたから、移動しなきゃいけない。
ってわけで、皆で移動。



10分くらい歩いて、フェリー乗り場に到着。


結構余裕を持って時間を設定したため、乗船手続きの時間までは時間がある。
ってわけで、入り口の外で待機。

ちっぴー『私、乗船手続きの窓口に行くけん、10分したら全員連れてきてね。』

副幹事のちっぴーに言われました。

無能の僕でもそれくらいは出来る。

ちょっとは幹事らしいことをしなければ。

ってわけで、軽く『一応、あと10分くらいで乗り場の方に移動するんで』ってアナウンス。






そして、10分弱経過。

そろそろ約束の時間。

「集まったかな?」と思って数えてみる。



さも当然のごとく足りない



まぁ、聞こえてなかった人も居るかもしれないから仕方ない。



2人足りないようだ。

聞くと、トイレの方に行っているらしい。

呼びに行く。



戻って来て、また数える。

これで全員揃ったはずだ。



また足りねぇよチクショウ(´∀`*)



さっきまで居ただろw
どこ行ったw

ってわけで、タバコを吸いに行ってたヤツを連れ戻す。



そして、メンバーが集まったところで、乗り場へ移動。

ぞろぞろと20数名が。






そこには既に受付を済ませたちっぴーよねピョンが。
※よねピョン・・・数学科女子の1人。そのうちまた出てくるかな。



受付は済んだものの、まだ出航までは時間がある。

ってわけで、乗り場のロビーで待つことに。



ロビーの椅子はそんなに多くなくて、空いてなかった。




ちっぴー『じゃあ、ここに集まって座っといてー』



皆それに従う。

椅子が並んでる後ろに集まり、床に座る。

俺は、一番後ろで立ったまま。


んで、よねピョンが、チケットとかについて説明し始める。





そんな中、T橋が、立ち上がり、するするっと後ろの方へ。

何事か?と思った俺。

そんな俺にT橋が一言。




T橋『恥ずかしい。』




・・・・

・・・・

・・・・


客観的に自分達を見てみる。




説明を聞く修学旅行生の集団みたい(/ω\)


皆で集まって座り、

前で女の人が説明してて、

その話を、顔を上げて聞く。



これは恥ずかしいw


T橋『やめさせろw』


説明をやめさせるように俺に言ってくるが、それは無理だ。


俺にその権力はない ( ´_ゝ`)



ってわけで、説明が終わるのを大人しく待つ。

まぁ、説明って言っても、チケット配って少し話するだけだったから、すぐ終わった。

















んで、フェリーが到着したようで、全員で並んで乗り込む。


俺らは2等船室(?)
1等船室みたいに個室とかじゃなくて、ただ、広いスペースがあるだけのとこ。
安いパック旅行だしね。
むしろ個室とか要らないし。



惜しむべくは、この辺りの写真が全くないこと。
撮っておくべきだった。



んで、船の中では完全に自由行動。

寝る人もいたし、トランプする人もいたし、甲板に出て景色を楽しむ人もいた。




↓寝る人 その1

写真『壱岐旅行3』
通称:ひわけん


↓寝る人 その2

写真『壱岐旅行4』
通称:かわいそうなシンジ




↓全体像w

写真『壱岐旅行2』









俺は甲板に出て景色を楽しむ人。

前日、ほとんど寝てなかったけど、テンション上がっちゃって寝れなかったw




ってわけで甲板へ。


景色は、前々回の記事に載せてたように↓こんな感じ。

写真『壱岐旅行1』



別アングルで↓

写真『壱岐旅行5』






きれいだった(´∀`*)

地平線が一望できたよ。

あまりに綺麗だったから、長い間外に居すぎた。

そのせいで、ちょっと潮風でベタベタ。




そういえば、俺気付いた。

アレって都市伝説じゃなかったんだね。

いや、ホントかなとは思ってたけど。

実際に目にしないことには信じられなかった。

でも、今回、船に乗って気付いた。

体感した。










地球は丸かった(゜Д゜)




←ちょっとオチが甘かったw




現在、壱岐旅行レポ連載中です。

↓前回までの記事

 ・壱岐旅行1 ~あ、昼食は抜きですか?~



さて、今回のお話。








無事、集合場所に到着した俺たち。


そこには、既に半数近くのメンバーが揃ってた。


まぁ、T橋っていうやつがアホらしい格好をしてたことには触れないでおこう。


まぁ、T橋っていうやつがすでにゴーグルを着けていたことには触れないでおこう。




まぁ、T橋っていうやつがゴーグルを着けて登場したものの、それにツッコミを入れるメンバー(俺とか)がいなかったため、しばらくそのまま着けてたらしいことには触れないでおこう。






さて、集合時刻になった。

奇跡的に24名全員揃っていた。
絶対に全員が間に合うことはないだろうと予想して、かなり早めに集合時刻を設定したのに、、、
なんか、損した気分になってしまった。
誰か遅刻しろよ





んで、副幹事である、ちっぴーが挨拶を始める。

※忘れちゃならないのが、一応、俺が幹事長って事w
まぁ、実質何もしてないから任せっきり

ちっぴー『皆さん、おはようございます!!』


挨拶から始まり、今日の計画などの説明。
その後、この旅行のしおりを配布。


そして、説明が終わった。
俺が話を加えるところもない。
諸注意なども含めて、ちっぴーが全てを説明してくれていた。


改めて確認するが、俺は、細かいところは知らないのだ。
旅行会社の人との打ち合わせも、全部ちっぴーがしたのだ。
俺が知っていることは、参加者と同じで、壱岐に行くという事実だけ

だから、先ほど、「俺が話を加えるところもない」と書いたが、実際は、加えることすら出来ないのだ。


ってわけで、事前に知らせておかなければならない部分の説明が終わった。



さぁ、フェリー乗り場へ出発かと思ったその時。


彼女の口から予想外の一言が飛び出した。



ちっぴー『じゃあ、幹事の44さん、一言お願いします!!』







ちょwww
あなたが全部話したから、もう話すことないんですけどwww ( ´_ゝ`)




完全に意表を突かれた。

初めに、いきなりちっぴーが話始めたから俺の役目はないと思っていた。
大体、事前に何の打ち合わせもなかったから、何も考えてない。



やばい。


やばい。



やばい。





皆仲いいメンバーだから何も緊張することはないんだけど、ここで間を取ってしまうのはまずい。

こういう時は、流れ、リズムが大切だ。

話を振られた時にさらっと言ってしまうことにより、聞き手の耳にもスッと入っていく。

また、即座に話し始めると、考える間がなかったという一種のハンデが発生し、ハードルが上がらないのだ。




そういう考えが俺の頭の中を駆け巡る。





そして、俺がひねり出した言葉は









44『家に帰るまでが旅行です。絶対に怪我をしないように!』







何言っちゃってんの?俺www





どうせなら

『バナナはおやつに含まれますので、おやつの合計300円を越えた人は置いていってください』

とか言えばよかった。



まぁ、1000%スベるけど ( ´_ゝ`)




まぁ、そんな締まらない台詞から始まった旅行。

まだ、フェリーにも乗ってません。


←のんびり更新。ただ、次は一気にフェリーに乗り切り、海のとこまで行く予定です。




数学科の卒業旅行として、壱岐旅行に行ってきました。


今年の夏は序盤こそ暑かったものの、8月下旬以降は気温が下がってしまい、海に入れるか不安でした。

壱岐に行って海に入れないとか、

世界の中心に行って愛を叫べないのと同じですからね。
大変なことです。


まぁ実際は、ちょっと寒かったけど入れました(´∀`)
よかったよかった。




じゃあ、早速レポを始めましょう♪











まず、集合予定時刻は午前8時

だから、起床しなければならない時刻は午前7時



ちょっと早い。
普通の生活をしている人でも、早いと感じるような時間。

だからこそ、前日は早めに寝るべきだった。
しっかりと睡眠を取り、当日に備えるべき。


そんな考えを持った俺が寝た時間は・・・




午前5時半


まさかの2時間睡眠ヽ(゚∀゚)ノ





んな定番の流れがあった。
まぁ、もちろん、眠たいながらも、しっかりと予定時刻に起床。
その辺りはしっかりしてる俺。




そして、集合場所である友達の家が分からないという、けーすけと合流し、集合場所へ。




集合場所とは言っても、全員が集まってくるわけじゃない。
友達の家に保管してた花火やお酒を運ぶために、その周辺に住んでるメンバーだけが集まるって計画。



そこに集合したのは、8人くらい。
まぁ、花火とかを運ぶには十分な人数だった。



んで、それから本当の集合場所へ移動。



そんなに近い場所でもなかったので、バスで移動。

出勤ラッシュのバスの中に、酒やら花火やらクーラーボックスを持った男の集団。

超うざいことは言うまでもない ( ´_ゝ`)

大体、15分くらいで集合場所の最寄のバス停に到着。









んで、1人が言った。

『あ、昼食買うの忘れてた!』

そう、壱岐に行くのだが、昼食はフェリーの上で食べる予定。
だから、昼食は個人で用意するようになってた。


そいつは、その準備を忘れてたのだ。

すると、それを聞いた他のやつも同じ事を言い始めた。
『あ、俺も!』
皆、朝の集合が早かったため、買う時間がなかったのだろう。



そういえば、俺も買ってなかった。
その時間を計算に入れてなかった。



友達が『じゃあ、ちょっと買ってくるわ』と言って、荷物を他の人に渡してコンビニの方へ。

それにつられて、他にも数名コンビニへ。



じゃあ、俺も・・・


といって、俺も、荷物(お酒24缶含む)を友達に渡そうと見渡す、、、





あれ?皆、荷物いっぱいじゃね? ( ´_ゝ`)




誰にも渡せずに、昼食を買いに行けずw

幹事の悲しい性。


まぁ、予定よりちょっとだけ早く集合場所に着いたんで、買いに行けたんだけどね(´∀`)







とりあえず、今回はこれくらいで。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

まだ船にも乗ってねぇヽ(゚∀゚)ノ

次からはちょっと簡単に書いていきます( ´艸`)



↓予告画像
   ちゃんと船に乗るとこまでは行きます ( ´_ゝ`)


写真『壱岐旅行1』
クリックで拡大



←まぁ、気が向いたら。



  • 2008年09月09日
えっと。

色々と書きたいことはあるんですけど、今から旅行です。
学科の皆で。

普通は学科で行ったりはしないと思うんですけどね。

せっかく同じ学科になったんだからってことで企画しました。

まぁ、参加率は50%くらい。
悪くはないかなって感じ。




とりあえず、今からその旅行です。


壱岐に行ってきます(´∀`)



・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・



壱岐行きます。






レポートをお楽しみにヽ(゚∀゚)ノ
※でも、デジカメ壊れてて、持って行けないからな。。。



1日1クリックお願いします

人気ブログランキングへ 
↑学生のブログがたくさん掲載中↑

時間を浪費してる人数⇒

じこしょうかい

44(しし)

名前:

44

年齢:

24歳

生息:

東京(地元は佐賀)

勉強:

専門は数学でも、ニガテ・・・
数学・情報の教員免許取得

趣味:

ギター
テニス
サッカー
ヒキコモリ

音楽:

RADWIMPS(best!)
BUMP OF CHICKEN
Aqua Timez
他多数

メールアドレス

shishi_never_forgetあっとyahoo.co.jp

SKYPE

shishi-never-forget




follow shishi3 at http://twitter.com

最近の記事+コメント

カテゴリ
読んでMathリンクリスト

随時募集中(´∀`)

↓↓相互リンク↓↓
クリックで開く


↓↓一方的リンク(無許可w)↓↓
クリックで開く

過去の栄光・・・。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。