俺って誰!?
  • --年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • 2008年03月21日
廃人。

最近、ティッシュの減りが早いことで有名な44です。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

花粉症だからね(´∀`)
変なこと想像しちゃだめ。

花粉症のせいで、鼻水ダラダラなの。
ダラダラ
あまりにもダラダラ
外に出るだけでダラダラ
近くに人が居てもダラダラ
ダラダラったらダラダラ

俺の生活もダラダラ。。。


・・・・・・・・・・

はい、お後がよろしいようで。





昨日は、俺の塾での最後の授業


詳細に書きたいけど、あくまでも企業内での情報なので書けない

・・・仕方ないよね。

情報は出さない。
契約はしっかり守らないと。




まぁ、断片的に。
※以下、生徒1や生徒2はそれぞれのシーンで対応していません。




シーン1


終礼時。
連絡を終わらせる。


俺『じゃあ、明日テストがあるから忘れんように!!』

生徒1『先生、明日来るっちゃろ~?』

俺『いや、明日は来れんから、今日で最後よ』


俺が答えると同時に1人の生徒が


生徒2『えぇ~っ!!○○○(俺の下の名前)来てよ~!!』
※こいつだけは俺のことを下の名前で呼ぶ。ちなみに、塾長の事を教授と呼ぶ。


これ以上ないんじゃないかというくらい大声で。
まぁ、そいつはいつも声が大きいんですけど、それを聞き慣れている他の生徒も耳を塞ぐくらい大声で。


俺は耳を塞ぎながら。

俺『あぁ~、分かった分かった、とにかく静かにしろ』

一旦、静かになる生徒。
そして普通の音量で一言。

生徒2『じゃあ、明日来てくれると?』

俺『いや、用事があるから、それは無理やなぁ』

生徒2『な~ん~で~!!!』


どないしろとΣ(´Д`;)


生徒2『明日デジカメ持ってくるけん、明日まで来~て~よ~』




それは、塾には持ってきちゃいけないものだろ ( ´_ゝ`)


この後、何とか説得して静かにさせました。
が、この後、この生徒はずっと携帯で俺の写メやらムービーやらを撮ろうとしてました( ´_ゝ`)
もちろん、俺はずっと逃げ続けましたけど(´∀`)




シーン2


終礼後、居残り組の生徒の面倒見てる時。
急に、女連中が接近してきた。


生徒『先生最後やけんハイチュウあげる♪』

生徒2『じゃあ、うちは、ぷっちょあげる♪』

生徒3『えぇ~っ、じゃあ、うちはメント・・・』


俺『お前ら、お菓子持って来すぎ ( ´_ゝ`)』

写真『ハイチュウ』
※メントスは食べましたw




シーン3


終礼後、俺が作業していると、1人の男の生徒が寄って来た。

俺『ん?』

俺がリアクションをするとほぼ同時に、俺の胸ポケットのペンを強奪
※俺の胸ポケットには数本のペンを常備。

当然、俺は切り返す。

俺『いやいや、何しとん?返しぃ。』

生徒が満面の笑顔で答えた。

生徒『先生、ペンくれるって言ったやん(´∀`)』


・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

俺『100%言ってないな ( ´_ゝ`)』

やつらは捏造が得意です。
将来、役人とかになった時が恐ろしい。
そんなのになれる学力ねぇよって話はNGw


んで、話はまだ終わらない。


俺の視界が、駆け寄ってくる数人の生徒の姿を捉えた。

危険を感じる俺。

生徒1『うちにもちょ~だい!!』

生徒2『うちにもうちにも!!』

生徒3『うちには赤のペンでいいよ♪』


圧倒され、ペンを奪われる俺。


どんだけパワーが余ってんだよorz
そのパワーを少しでも勉強に使ってくれ。。。

※その後ペンは、全て取り返しました。




シーン4


俺が、最後に教室の掃除をしている時。
教室には誰も居なくて、数人の生徒が塾の入り口のとこに居るだけでした。

そんなに距離があるわけじゃないんで、声も聞こえるんです。
どうやら、塾長と話をしている模様。


さして気にせず掃除を続ける。

でも、話し声は聞こえてくる。


生徒1『○○○(俺の名前)辞めさせんでよー!!』

生徒2『新しい先生イヤー!!』

生徒3『続けさせてよー!!』




俺は、その場に行っても、どう話していいか分からなかったので、無駄に掃除を長引かせましたw
そんな事言ってる生徒に何を言えばいいのやら。


しばらくすると話の内容が変わりました。


生徒1『分かったー、じゃあ手紙書くー!!』


手紙書いてる場に俺が登場しちゃいかんだろと思い、また掃除を長引かせました。


んで、しばらくして白々しく登場。

俺『なんや、まだ居たんか。遅いけん早く帰りぃ』


生徒1『先生、これあげるー』

俺『なんや、これ?』←わざとらしいw

生徒1『手紙!!後で読んでね!!』

俺『おぉ分かった。ありがとー』



んで、そいつらが帰る直前。


生徒『先生、奥の教室行ってみてね!!』




俺が掃除してたのとは別の教室。


生徒を見送った後、奥の教室へ。


ホワイトボードにメッセージが書かれていました。

真ん中に大きい文字で

北村先生おつかれ!!

周りにもメッセージ。


短い間だったけど、こういう経験できたのはよかったなと思った44でした。

スポンサーサイト
スポンサーサイト
-->


最近よく見るテレビはNHKの国会中経です。
なんだか、あのグダグダ感がたまらない。

なんだろ。

答弁
とか言ってるのに、全く質問に答えてないしね。
日本語から勉強しなおして来いって思うわ ( ´_ゝ`)


しかも、
『○○大臣お願いします』
って、指名されてるにも関わらず、答えるのは全く別の人

あれが、日本のトップなんだよね。
あそこの決定が日本の命運を分けてるんだよね。

。。。。

日本オワタヽ(゚∀゚)ノ




さてさて。

俺の塾講師としての授業も、木曜日まで

昨日は、ラストの1個前の授業。
それが終わればあと1回。
俺の背中にはちょっとだけ哀愁が漂ってました。



奴らは相変わらずのフルパワーだったけど ( ´_ゝ`)


いやぁ、ビックリした。

昨日は今まで以上にフルパワーだった。
校舎では一年生しか授業があってなかったのに、いつも以上にうるさかったもん。

ボク、軽くひきました ( ´_ゝ`)









そういえば、この前、生徒が新規の生徒を連れて来ました。
春季講座から入塾する生徒って事ね。

その時の生徒のセリフ。

『先生が連れて来いって言ってた、RADWIMPS好きなヤツ連れて来たよ♪』


『誰もそんなこと言ってねぇよ ( ´_ゝ`)』




以下、この前のやりとり。

生徒『先生、RADWIMPS知っとー?』

俺『そうね』

生徒『え?知っとーと?じゃあ、RAD好き?』

俺『あぁ、まぁそうやね。』

生徒『よね!!曲、バリいいやん(´∀`*)』

俺『いい曲は多いよなぁ』




・・・・・・・




はい、確実に『RAD好きなヤツ連れて来い』なんてセリフどこにもアリマセンm(__)m

完全に捏造です
どうもありがとうございました。




あ、他にも更新したいことあったけど、大学に行かなきゃ(´∀`)
提出期限を過ぎてるものを出さないとマジメだから勉強に行くんだ♪
学生の鑑だからね(´∀`)

うはっ、まっじめー(´∀`)




どうも。
最近、栄養を気にし始めて、やたらとブロッコリーを食べていることで有名な44です。

食べる時は、決まってきゅうりとブロッコリーのサラダです。
かけるのはマヨネーズです。

決しておいしくはアリマセン。
野菜が嫌いなので。

でも、嬉しくなります。
『俺、健康について考えてるぅ(´∀`)』

キモイっすね。

自覚症状はあるので許してください。






そういえば、不思議なことがあります。


最近、塾で俺が担当していたクラスにとんでもキャラ(女)が入ってきたんですね。

これだけだと分かりにくいっすね。
まぁ、分かりやすく今日の彼女の行動を説明します。

今日、彼女は友達に消しゴムを投げました。

今日、彼女は友達に黒板消しを投げました。(実際はホワイトボード)

今日、彼女は友達のバッグを窓から投げました。


分かりやすいっしょ?w



まぁ、これでもだいぶマシになった方らしいです。
以前は全く手を付けられなかったらしいですから。


ってわけで、こんなキャラが入ってきて、クラス全体が浮き足立ってしまったわけです。
こいつにつられて、周りの生徒まで騒ぎ始めたんです。
もともと居た生徒たちも、大人しい生徒ではなかったんでw


だから、俺はかなり疲労困憊。
前回の授業では、疲れ果てました。



が、


なぜか、今日はかなりマシな感じ。
授業もかなり上手くいった。

※上記の、色々投げた話は授業時間外。


う~ん。
なぜだろう。
授業手段自体は今までと変えてはないんだけど。



というよりも、全体的に、授業が改善されてきてるんだよね。
やっぱり、スキル自体は付いてきてるってことかな。




とにかく、徐々に雰囲気はよくなってきてるのに、授業はあと2回
※今月で辞めるからね

なんかもったいない気もするけど、仕方ない。
出来れば、あいつらにもっと色々教えてあげてたいんだけどね。





とにかく、明日(今日)は、中学校の卒業式に行ってきます。
ちょっとだけ面倒を見た生徒の中学校です。



ただ、問題は俺が朝の8時に起きれるのかということですw



  • 2008年02月21日
定期テスト。

現在、塾の生徒の学年末テスト期間。


俺が受け持ってる生徒の中学校は3つ。



そのうち1番人数が多い中学校のテストが終わった。






不安だ。。。

テストのコピー見たけど、問題自体は簡単。。。

でも不安。。。。



さて、今日、テスト後初めて生徒と会う。

なんと言ってくる事やら。。。



  • 2008年02月05日
ダメ塾講師。

僕は、塾で集団授業を持っているわけですけど、これがなかなか上手くいかない。
裏で「ダメ講師」と言われてる気がしてならない。
とってもネガティブ。

間違えた。
とってもネガティヴ。
「ブ」じゃなくて「ヴ」
ここ大事。


「ブ」と「ヴ」の違いは大きい。


「ブァイオリン」と「ヴァイオリン」では音色が違いそう。

「バァイオリン」だとなんか、のっぺらとした音色っぽい。
「ヴァイオリン」だとなんか、きれいな音色っぽい。


「ブタ」と「ヴタ」では体格が違いそう。

「ブタ」だと四足歩行で太ってそう。
「ヴタ」だと二足歩行で革ジャンとか着てそう。


「ネガティ部(ブ)」と「ネガティ部(ヴ)」では雰囲気が違いそう。

「ネガティ部(ブ)」だと暗い感じ。
「ネガティ部(ヴ)」だと西洋かぶれっぽい感じ。

そんな感じ。


どちらかといえば、ネガティ部(ヴ)でいきたいものです。









昨日は、塾に行きました。
英語の授業のために。

僕は数学科の学生なんですけどね。

なぜか、英語担当をさせられてるわけで。

このパラドクス。
どうにかならんもんかね。
専門外の分野だから、たまに知識が曖昧だったりするんだよね。

教えながら、初めて気付くこととかあるし ( ´_ゝ`)
発音の問題とかね。
「え?そんな規則あったんだ?」ってやつが。
今まで英語なんてフィーリングで解いてたもんで(´∀`)




今日の授業は学年末テスト対策。
これから2週間はそんな授業が続きます。


んで、これが難しい。
何をしていいのか分からない。
なぜかというと、いままでテスト対策の勉強(ヴェンキョウ)なんてしたことがない ( ´_ゝ`)
そりゃあ、大学になってからは多少はしてるけど、高校・中学ではした記憶がない。





俺の中では、テストってのは、


1%の事前での勉強と99%の本番での閃き


なわけです(´∀`)
事前に勉強はあまりしないタイプ。
んで、そのまま本番を迎えるタイプ。

本番で閃けば大成功。
本番で閃かなかったら仕方ない。

こんな感じ。

世の中の流れに身を任せます(/ω\)



こんな感じだから、大学の成績が「可」ばっかりなわけです(´∀`)
まぁ、「可」ばっかり取ってるのは専門の科目だけだけど。

・・・

・・・

・・・

・・・

むしろ、専門分野がそれってのはマズイよね ( ´_ゝ`)











最後に、今日の生徒とのやりとり。



1人の生徒に居残りで作文を書かせてました。
その場には、他に生徒が3人。
そいつらは勝手に遊んでました。

んで、しばらくして、俺は作文書いてる生徒の前の席に座り、
「どうや?書き終わった?」
と話しかけました。


すると、勝手に遊んでるうちの1人が言いました。

生徒「うわ~、先生と○○(作文書いてる生徒の名前)ラブラブや~ん」





うぜぇ ( ´_ゝ`)





素直にそう思いました。


黒板に相合傘を書き始める始末。



そこで、俺は、呆れたように言いました。




「ふぅ ( ´_ゝ`)中学生ってホントにそういう話好きだよなぁ ( ´_ゝ`)」



こういう時は、大人の余裕が必要だからね。
落ち着いて切り返すのがベター。




すると、生徒からの返事。




「ふぅ ( ´_ゝ`)大人ってホントにそういう話嫌いよねぇ ( ´_ゝ`)」





誰が上手いこと言えと。



  • 2007年11月28日
初授業。

こんにちは。
永遠のオチコボレ、44です。



俺は最近(と言っても9月から)塾講師を始めました。
一応、教師志望なんで。
教育実習に行く前の段階で、教育現場に慣れておこうと。
1年の時に、家庭教師もしてたんですけどね。




10月の中旬から、ずっと研修してきました。
他の先生の授業を見学したり、ロープレ(先生を生徒に見立てて模擬授業)をしてきました。




んで、月曜日、ついに初授業でした。

相手は中学1年生13人。


教科は英語






大学では数学専攻にも関わらず ( ´_ゝ`)




マジでどんだけ~。



確かに、中学1年生の英語なんて簡単ですよ。
さすがの僕も大学生なんで。

ただ、間違いを教えるわけにはいかない。

分かりやすく教えないといけない。

俺の前任が敏腕。







生徒のアフォさ加減が半(ry




と、かなりのプレッシャーでした。゚(゚´Д`゚)゚。
困りました。
こんなにプレッシャーを感じたのは久しぶりでした。
協議会のイベントの司会よりも緊張してました。










んで、当日月曜日。

俺の授業は8時50分からの予定


プリントの準備とかもあるんで、早めに向かう。

授業開始の1時間半前に到着。




授業で使うプリントを印刷。

印刷。

印刷。。。。







ガガガガッ!!



まさかの紙詰まり・・・org




こんな焦ってる時に限って。
さらに戸惑わせるようなことが怒るなんて。。。


その印刷機使うの初めてだから、処理の仕方が分からない。
しかも、他の講師は全員授業中で、誰にも聞けない(´;ω;`)

あの時は本当に焦ったお(´;ω;`)

泣きたかったお(´;ω;`)

生まれてきた事を後悔したお(´;ω;`)






色んなところを開けてみる。


処理の仕方どうですか♪

どこを開けりゃいいですか♪

横のカバーを♪

上のカバーを♪

開いてみたらなんとかなったよ♪




なんとかなりました。

ただ、まさかの20分ロス
せっかく準備するために早く来たのに。゚(゚´Д`゚)゚。





まぁ、嘆いても仕方ない。
一人で気持ちを落ち着かせる。


ドキドキ。

ドキドキ。

ドキドキ。


落ち着かねぇよ。・゜・(ノω`)・゜・。





ちゃんと授業できるかな。

分かりやすく説明できるかな。

生徒が聞いてくれるかな。

言葉かまないかな。

俺の質問に答えてくれるかな。

生徒が受け入れてくれるかな。








やっぱり、そんな時間は早く過ぎるわけで。

そんなこと考えてる間に、授業の時間に。
前の授業担当の先生が戻ってくる。
『初授業ですね。頑張ってください』
ありがたい言葉だったけど、俺の心はそれどころじゃなかったわけで。
『はい、なんとか頑張ります!!』
と、返すのが精一杯。



んで、授業開始前の予鈴が鳴る。

教室に向かう俺。



ガラガラッ(ドアを開ける音)

『はい、全員席着いてー!!』


授業が始まって思ったこと。。。






今までの色々な準備無意味Σ(´Д`;)

心の準備とか、授業の準備(模擬授業)とか。



まず、生徒がテンション高すぎる。

俺を受け入れるとかそういう問題じゃない。
ノリでどんどん発言してくる。


次に、今日の内容は、既に習ってた内容。

つまり、分かりやすい説明もくそもない。
俺は、生徒が知らない前提での授業を作ってきたから、全然違う授業に。





この2つの事実により導き出される授業風景は。。。







俺が板書するそばから、全員が大声で答えを発言しまくる、まさにカオス・・・org




いきなり、生徒に授業を支配されました ( ´_ゝ`)
一応、『私語をするな』とか注意はしましたけど。
どうも、まだまだ力強さが足りなかったらしく。。。
失敗しました。


事前に言われていたのに。
授業の主導権を生徒に奪われないように、と。

『授業開始前の自己紹介の時に、約束事を言っといた方がいいよ。「授業中に発言していいのは、先生が当てた人だけ」「宿題は必ずしてくる」とか。1年生はパワフルだけど、一応素直だから。』
って。

忘れてました。
ってか、授業開始の直前までは言おうと思ってたのに、教室入った瞬間の生徒のテンションの高さにビックリして、吹っ飛んでしまいました。


約束事は次の授業の時に絶対に言おうと思ってます。
それをしないと収拾がつかなくなってしまうので。








授業の細かい内容は、省略。







とりあえず、


しばらくは気苦労が続きそうです。



1日1クリックお願いします

人気ブログランキングへ 
↑学生のブログがたくさん掲載中↑

時間を浪費してる人数⇒

じこしょうかい

44(しし)

名前:

44

年齢:

24歳

生息:

東京(地元は佐賀)

勉強:

専門は数学でも、ニガテ・・・
数学・情報の教員免許取得

趣味:

ギター
テニス
サッカー
ヒキコモリ

音楽:

RADWIMPS(best!)
BUMP OF CHICKEN
Aqua Timez
他多数

メールアドレス

shishi_never_forgetあっとyahoo.co.jp

SKYPE

shishi-never-forget




follow shishi3 at http://twitter.com

最近の記事+コメント

カテゴリ
読んでMathリンクリスト

随時募集中(´∀`)

↓↓相互リンク↓↓
クリックで開く


↓↓一方的リンク(無許可w)↓↓
クリックで開く

過去の栄光・・・。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。