俺って誰!?
  • --年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




さて、今日はいきなり昨日の続きで行きます。



あらすじ


高校の時の友達と焼肉をすることになった俺。

ひとまず、肉などの買い物を終えて友達の家に。

さっそく男だらけの焼肉パーチー(フライパン)の始まりです。



一個前の記事を読んでない人は → ココ



調理開始です。



肉を焼きました。


焼肉



正直フライパンでするとは思ってなかったので、俺もかなり驚きました。

でも、ここは大学生パワーでなんとか乗り切ろうという事になりました。

今の大学生には何だって出来ちゃいます。

空も飛べるはず。






野菜は買ってませんでした。

前回の記事で真理を発見したからです。



肉を焼いたものが焼肉


つまり、肉以外のものを焼いても焼肉じゃない。



なにっ!!




誰がなんと言おうと間違いありません。




まぁ、それなりに美味しかった気がします。

油が大変な事になってましたが・・・




んで、安い肉は余ってるのにご飯はなくなってしまいました。

どうしよう。

ってことで、またご飯を炊くことにしました。



その間、とてもヒマだったので

格ゲーの王道



道・格闘者


・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

ストリートファイター
をしました。



焼肉ぱーちー


左奥に写っているバッグの上の白い物体が、俺の携帯です。

テレビの中で手から何か出してるのが俺です。





波動拳すら出せませんでした。



ミスターパーフェクトでした。

もちろん、俺はやられるほうです。

極弱です。



アレに似てました。

そう、アレ




狩られる親父。




殺される





まぁ、1人だけ強い人が居たんですけど、そういうやつには罰ゲーム

俺にとっては格ゲーが強いだけで罪なのです。



その罰ゲームとは

ご飯が炊けるまでに、1回でも負けたら、肉はお預け。



もちろん彼は負けました。

もう1人の友達に。

でも、あまりにもひどい罰ゲームだったので、

「ご飯を与えない」ということに変えました。




ご飯が炊けて無事に残りの肉を食べる事が出来ました。

しかし、肉を多量に買いすぎたために余りました。

明日の朝も焼肉をするつもりのようです。





甘いものが食べたくなったので、またしても買い物に行きました。



その店から、友達の家に帰るときのコトです。



今日来れなくなった人が3人居ましたが、そのうち1人は連絡すらつかなかったのです。

その友達の家はすぐ近くにあるのです。

ので、その人の家まで行きました。(焼肉始める前に行けよというツッコミは受けません。)


インターホンを鬼のように鳴らしました。

誰も出てきません。




悲劇が起きます。




下の写真は、俺たちがその友達の家から帰るときの家の状況です。


イタズラ






サドルが届いたようです。

アレは彼の自転車のサドルなんで、彼はどこかでサドルを落としてきたようです。

彼はおっちょこちょいですね。






ちょっとした悲劇を見届けて俺たちは焼肉会場に戻りました。

その5分後。

友達の携帯が鳴りました。

連絡が取れなかった上の友達からでした。

地元に帰っているとのことです。



もっと早く電話していれば悲劇は起きなかったのに・・・。




さて、時間は過ぎ、皆眠くなってきました。

寝ることにしました。



しかし、ココでまたしても悲劇が・・・

ロフトに行った友達が一言





「ぬるぬる祭りじゃ~い!!」



結露した水が煙と混ざってとんでもない事になっちゃってたようです。

やっぱり、家で焼肉する時は気をつけないとね。

匂いも残るし。

少なくとも俺の家ではさせないけど。



家の持ち主はちょっと焦ってました。

それを見た俺は

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

「じゃあ、そろそろ帰るわ!!」


帰っちゃいました(*´∇`*)




だって、ブログ更新したかったんだもん。

結局、帰る途中に大学の友達のところに寄ったから更新できなかったけど ( ´_ゝ`)

スポンサーサイト
スポンサーサイト
-->


昨日は更新をサボってしまいました。

俺としてはサボるつもりはなかったんですけど、まぁ色々ありまして・・・。

コメントはすぐ返しますんで☆


では、その一部始終を公開したいと思います。

きっと、つまらないです。

覚悟して読んでください。

期待せずに読んでください。



まず、一つ前の記事 →ココ← を、読んでない人は読んでくださいな。




時間を溯ること、およそ2日。

時刻は深夜12時。




地獄の片付けが終わって、ブログの更新を終えた俺はのんびりしていました。

11時時に来るって言ってたあの人を待ってました。

そして、ついにインターホンが鳴りました。



ヤツが俺の家に上陸しました。

頑張って片付けたかいがあって、ヤツの第一声は

「おぉ、キレイやん」

でした。

地獄の1時間を過ごした俺をなめるなよ ( ´_ゝ`)」 と、心の中で俺は思いました。

まさに俺の部屋は精神と時の部屋。



んで、特に何もする事もなくヤツはすぐ眠りにつきました。

今日は、飲み会だったらしく酔っていたみたいです。

いきなり訪ねてきておきながら、何もネタを落としていかないとは、ホントに役に立たない人です。

ヤムチャくらい役に立ちません。

でも、お腹が空いていた俺に食料を買ってきてくれたので、そのへんは許しときたいと思います。

俺は心がとても広いのです。




とにかく、ヤツはすぐ寝てしまったので、俺もすぐ寝ることにしました。



もう、太陽がすっかり 顔を出してしまったあたりで僕は目が覚めました。

時刻は朝の10時半でした。

まだ、お姉さまは睡眠中でした。

この日は仕事が休みなのでゆっくり出来るようです。



そのままのんびりしていると、お姉さまも目を覚ましました。



んで、面白い事を期待してた人スミマセン。

特に何もありませんでした。

二人とも眠たかったので、俺は記憶すら怪しいです。

ひとつだけ記憶に残っているのは、真っ白にパックをしている姉の姿です。

老化はしたくないなと思いました。

そのまま、姉は帰っていきました。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

「そのまま」と言っても、「パック」をしたままではありません。

そんな人が街を歩いていたら、オペラ座の怪人もビックリです。



ちなみに、姉のキャラも素晴らしいので、またこのブログに登場すると思います。

コメントで、我が姉が欲しい人が居るようですが、差し上げます。

でも、その場合は俺の義理の兄になってしまう事を覚悟してください。







んで、新しい傷を付けられずに済んだ俺はとてもリラックスした昼を満喫していました。





そんな中、俺に新しい風が吹き込んできました。

高校の友達からの電話です。

友達「今日、焼肉するから来ん?」

ふむ(´・ω・`)

特に今日は予定はないな。

ってわけで

俺「分かった!!何時から?」

と返事をする。

友達「8時くらいからかな」


今日の夕飯は焼肉となりました。









時刻は8時。


友達の家に行きました。

5人でやる予定だったのですが、2人来れなくなったので3人でやる事になりました。

んで、男3人で買い物に行きました。



さて、焼肉です。

肉を買わなければいけません。

しかし、俺たちは大学生。

安く済ませたいわけです。



友達1「どの肉買う?」

俺「どうしようか」

友達2「でも安く済ませたいよね。」

俺・友達1「そうだね。」

友達2「ホルモン買う?」

値段を見ると、まぁ安い。

俺「いいんじゃない?」

友達1「餃子焼く?」

俺「餃子?」

友達2「でも、汚れないかな?」

友達1「ばら肉?」




と、このように値段を考えながら到達した結論は






焼肉は質より量










肉を焼いたものが焼肉



という、二つの真理。



安い肉をどんどん買いました。

コレが後の悲劇を引き起こす事になるのです。




さて、買い物を終えて友達の家に帰る。



調理開始です。



コンロとフライパン(?)を出す。



準備終了。




前後編の二部構成としてしまったので、今日はこのあたりで終了。



↓次回予告


焼肉




いやぁ、今日は焦った。



時間は今日の昼。

俺の携帯の着信音が鳴り響く。

メールだ。

誰からだろう?

そう思って携帯を開く。

「今日、福岡行くから泊めてもらうかもしれん。」

女の人からのメールである。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

と言って、読者の興味を惹いてはみるが、

メールの送り主は実家に住んでいるお姉さまである。

ふむ、今日来る。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

(´・ω・`)

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

きょうくる。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

キョウクル。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・



Σ( ̄□ ̄;


いきなり来んのかよ!!

というわけで、まさに青天の霹靂でした。

別に、急に来て悪い事はないんだけど、

遊びに来る友達ではなく、泊まりに来る姉である。

さすがに誰かを泊めるには狭い部屋なので、姉が来るとなると片付けなければならない。

ちなみにウワサの姉である。

幼い俺の心に深い傷を残したあの姉である。

詳しい事はココ




俺はメールを返す。

「ホントに来るの?」

「行くとしたら11時くらいになるかな。まぁ、また連絡するよ。」

・・・・・・・・・・

く(*´ー`)ほっ

まだ、確実に来ると決まったわけではないようだ。

あの人が来るとなると俺は部屋だけでなく、心の準備も必要になってくるのだ。

彼女は、毒舌というか

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

あふぉなのです。

だから、平気で俺の心を傷つけることができたのです。 詳しくはココ←しつこい。




んで、時間が流れる。




時刻は10時。


彼女が、もしかしたら来ると言っていたのは11時。

そして、来る前には連絡すると言っていた。

普通に考えれば、今日来る事になったならば、既に連絡が来ているはずだ。

つまり、今日は来ない!!

・・・・・・・・・・

と俺は思った。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

しかし、気になる。

ホントに来ないのか?

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

不安になった俺はお姉さまにメール。

「今日は来ないって事でいいの?」



・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・



返信が来た。

俺としては

「来ないよ♪」

という返事を期待した。




しかし、期待は裏切られるためにあるのだ。

お姉さまからの返信は

いや、行くよ~まだ飲みよるけど。鍵持っとるけん、先に寝てても大丈夫よ~

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

いや・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

確かに、実家にうちの合鍵はあるだろうけど・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

そういうことじゃなくて・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

来るなら早く言え!!!


  ヽ(`Д´)ノ






時間は10時過ぎである。

お姉さまが来ると言っていたのは11時である。




死の1時間の始まりである。


まず、部屋中に散乱している服を片付ける。

それほど散らかっていなかったので時間はかからない。



次に、コタツをひっくり返して、下のカーペット(?)をはがす。

それをベランダではたいて、髪やらを落とす。

元に戻す。


それが終わったら、テレビの上や棚のほこり落とし。

人差し指で、つぅーっとして

「何コレ?ほこりが残ってるじゃない?」

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

なんて言うお姉さまじゃないけど、なんとなくキレイにする。




さて、1番大変なのはペットボトルやら空き缶など。

ちょっとした事情により、うちにはこれらがたくさん。

急いで片付ける。


なかなか文章では大変さが伝わらないけど大変。



そんな時、ちょっと玄関まで言った時・・・



ふと、ドアの鍵の部分を見た。

鍵がちゃんとかかっている。



そこで俺の目にあるものが飛び込んできた。

チェーンロック。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

確かに彼女はうちの鍵を持っている。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

しかし、チェーンロックをかけていれば入って来れないのでは?

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

もちろん、そんなことはしませんでしたよ☆



さすがに、実の姉相手にそこまでしませんよ。

仕返しが怖いから。





なんだかんだで、11時半には片付け終わった。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

ん(´・ω・`) ?

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

11時半?

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

予定では11時じゃ・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

11時に来るからっていう事で急いで片付けたんだけど・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・


焦って片付けた意味無し!!


まぁ、この遅刻のおかげで(?)片付けが間に合ったからいいとするか。

なんか間違ってる気がするけど気にしない。





今日は書きたいことあったけど、この事を書かないといけないかなと思ったんで、明日書きます。

うん、今日の記事がつまらんかったことは理解してるから大丈夫♪

明日はがんばるじぇい・・・・・J!!



1日1クリックお願いします

人気ブログランキングへ 
↑学生のブログがたくさん掲載中↑

時間を浪費してる人数⇒

じこしょうかい

44(しし)

名前:

44

年齢:

24歳

生息:

東京(地元は佐賀)

勉強:

専門は数学でも、ニガテ・・・
数学・情報の教員免許取得

趣味:

ギター
テニス
サッカー
ヒキコモリ

音楽:

RADWIMPS(best!)
BUMP OF CHICKEN
Aqua Timez
他多数

メールアドレス

shishi_never_forgetあっとyahoo.co.jp

SKYPE

shishi-never-forget




follow shishi3 at http://twitter.com

最近の記事+コメント

カテゴリ
読んでMathリンクリスト

随時募集中(´∀`)

↓↓相互リンク↓↓
クリックで開く


↓↓一方的リンク(無許可w)↓↓
クリックで開く

過去の栄光・・・。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。